アンチエイジング 美肌

乾燥肌の人間にとって保湿はどのくらい大切なのか?

肌のケアに欠かせない必ずと言っていいほど取り上げられる保湿ですが、肌の水分を保つ役割を担う成分にはセラミドやコラーゲンなどがあります。

 

アンチエイジング,美肌

 

これらの成分は必ずと言って良いほどスキンケア商品には配合されています。

 

保湿とは、肌の中に必要な水分が適量で保たれている状態をいいます。

 

適量であることが前提ですから、ただ水分を与えれば良いというわけではありません。

 

また、肌に水分があるだけでは外部へ逃げて行ってしまうので、この状態も保湿できている状態とは言えないのです。

 

乾燥肌の人は肌の抵抗力やバリア機能が弱いので、シミなどの原因になるメラニン色素が生成されやすく、また溜まりやすいので、シミや肌のくすみの原因になります。

 

肌が乾燥したままだといくら美白のためのスキンケアを行っても、肌をダメージから守ろうとして角質が硬くなり、美白成分が浸透しにくい状態になるのです。

 

つまり、どのようなケアを行う場合でも、きちんと保湿が出来ている状態でなければ効果が半減してしまうのです。

 

また、乾燥肌の人肌は正常なターンオーバーが出来ていない事があります。

 

保湿が上手くできていると肌の新陳代謝が促進され、絶えず健康な肌へと生まれ変わり、老廃物を除去してくれるのでみずみずしくハリのある肌を保てますが、乾燥しているとターンオーバーが乱れ、古い角質が残って黒ずんで見えるのです。

 

このようにただやみくもにケアするのではなく、化粧水で肌に潤いをあげ、それを逃がさないように乳液やクリームでフタをする様なケアが、乾燥肌の人には必要なのです。